HOME > 製品情報 >  NAZCA RIS−製品概要−

放射線部門システム

  NAZCA RIS(ナスカリス)は放射線科RISシステム(部門情報管理システム)として、オーダ管理から検査予約機能、放射線科受付、実施入力、集計、帳票管理までを広くサポートします。運用に合わせて検査室ごとに画面を自由に設計できるカスタマイズ性が特長です。

基本機能

● 上位オーダ情報を受信し、データベース管理
● 電子カルテと健診オーダの両方をサポート
● 予約管理から受付、実施、集計まで幅広くサポート
● 全検査機器の当日の予約状況、進行状況が一目で参照可能
● 予約一覧や各検査室の進捗を表示
● カレンダーでの空き照会、数検査の同時予約の作成
● MWMサーバにてモダリティにオーダ配信
● 運用に合わせて受付方法が自由に設定可能
● 表示項目や処理手順などが自由にレイアウト変更可能
● MPPS対応。モダリティより実施情報を自動で受信
● 実施入力後の各種集計機能および帳票出力が可能
● バーコード、ICカード等の外部周辺機器への対応
● バス健診への対応(院外での検査対応)
● 放射線科のモダリティ以外の各種分析器及び計測器との接続
● 内視鏡のRIS運用(デジタル化)/    【ARK GATE】 との連携

● 患者のカルテIDと健診IDを連携し一元管理(マルチID連携)

サイトマップ