HOME > 製品情報 >  Capella−製品特長−

統合システム

  Capella(カペラ)は院内の様々な文書を場所を選ばずどこでもスキャンを行え、 一元的に管理できるシステムです。スキャンするだけで1次元・2次元のバーコードを自動認識が行え、 サーバ上で自動的に整理されます。また電子カルテ等のオーダとも連携ができ、スキャンの進捗管理が行えます。

  専用のスキャン画面で業務に即した形でスキャンが行えます。 文書種類も設定でき、ボタン一つで文書選択されたドキュメントをスキャンできます。 単なるスキャンだけでなく、コメントやキーワードなども付帯情報として登録でき、文書保存に近いスキャン運用を実現します。

  バーコードは1次元、2次元共に自動認識できます。 台紙部分の飛ばしや同意書などの自動取込みなど、業務に即した機能がサーバに全て入っております。 スキャナーはTWAIN対応機種なら全て制御が行え、既存にお持ちのスキャナーも利用できます。 ライセンスフリーで院内どこでもスキャン可能です。

  電子カルテからのオーダも取込み、オーダに対するスキャニングが行えます。 これにより検査としてのスキャン取込みやスキャン状態の進捗管理なども専用リスト画面で行えます。