HOME > 製品情報 >  Taurus−製品特長−

統合システム

  各部署に個別保存されている様々な汎用画像や動画像は個別部署や個人レベルに任されてしまっているケースが 非常に多いです。しかし実際はこれらの汎用画像も管理しなければならない診療データとなります。 Taurus(タウルス)は、それらを一元的に保存・管理でき、取込みまでをより効果的に行えるシステムです。

  専用画面で単に画像を取り込むのではなく、分類や部署の情報を付加して取り込みを行います。 単なる取込みだけでなく、コメントやキーワードなども付帯情報として登録でき、データ活用のできる管理を実現します。

  電子カルテからボタン1つで起動することで指定患者のデータとして取込みが行えます。 ID入力などの煩わしい操作をすることなく、Wi-Fiやブルートゥースなどの無線からスムーズなデータ取込みを実現します。

  電子カルテからのオーダも取込み、オーダに対するデータ取込みも行えます。 これにより特定の検査画像として取込みが行えます。また取込み状態の進捗管理なども専用のリスト画面で行えます。