HOME > 製品情報 >  CASTOR−製品特長−

部門システム

  CASTOR(カストル)は各予約受付から各種の組織診、細胞診、解剖の進捗状況を リアルタイムに表示する病理システムです。 受付一覧および既往歴、病例検索、標本管理、貸出機能まで実装し、標本切出しからスクリーニング、 診断までの一覧がシステム上で管理できます。

  各検査の実施状況は全体の進捗リスト上にリアルタイムに更新されます。 各業務の進捗状況が見えるだけではなく、事後の結果更新やラベル出力、標本貸出まで管理できます。

  病理検査管理では、組織診、細胞診、解剖の検体受付から切り出し、ラベル印刷、 診断までに一連の作業を管理することができます。進捗状況は検体毎に部門受付リストで確認することが可能です。

  デジタル画像機器やスライドガラスプリンター等、メーカを問わずオンラインで接続でき、 システムにそのまま登録することができます。 登録された画像はラベル印刷やレポートに添付するなどして利用することが可能です。


サイトマップ