HOME > 製品情報 >  開封通知−製品特長−

統合システム

  診療文書の電子化が進み報告書の未読の状態が非常に増えたと言われています。 また昨今では未読による事故も多く指摘されている状況で、参照確認の仕組みが必要になってきています。 開封通知システムは単に参照確認だけではなく、重要診断などの場合は主治医に通知を行い、 報告書の確認を促せるシステムです。

  開封通知を要求したい相手と内容を選択して保存するだけで、開封通知要求が行えます。 主治医や依頼内容、依頼部署、指定医師など細かく設定することができ、 STELLARと連携して使用することが可能です。

  カルテなどを起動時に、確認ダイアログが表示され開封要求がされます。 開封確認がされた際には、開封依頼者へも通知が飛びます。

  参照をより確固たるものにすべく、電子カルテを起動または通知ボタンを押すことで、 確認用のポップアップランチャーが表示されます。開封通知の依頼一覧が参照でき、開封確認が行えます。

  STELLARの画面上では開封依頼の重要度により色分け表示がされ、 一目で優先度を見極めることが可能です。


  開封リストから開封状況の確認がリアルタイムで行えます。 複数の開封確認も同一リストからでき、未開封一覧と開封済み一覧の管理が可能です。

  開封通知システムは統合ビューアと連動しており、文書作成から開封通知、 既読管理までを一連でサポートします。部門を統合することでシームレスな参照で診療をサポートします。