HOME > 製品情報 >  NAZCA RIS−製品特長−

放射線部門システム

  トップ画面では放射線科で行う様々な情報を表示します。 オーダリング情報の表示や当日の検査一覧、週刊スケジュールなどが参照可能です。 検査の進行状況もステータスバーでみやすく提示し、電子カルテと健診オーダの両方をサポートします。

  検査予約で予約オーダの作成が行えます。 各検査室の空き情報をカレンダーにて参照しながら予約ができる他に、 複数の検査を同意に予約することも可能です。ボタンを選択するだけで、予約が行える簡単設計です。

  受付は業務の流れに合せて、様々な運用フローに対応できます。 未来予約から総合受付の有無、一括受付、各検査室での受付や次の検査の誘導まで多彩な受付業務に対して、 設定レベルから対応が可能です。

  実施入力についても業務に合せて様々な対応が可能です。 基本は入力補助機能として、検査種ごとに自動で入力候補を表示できます。 また実施入力は全ての端末で登録可能なので、部屋ごとに登録や部門内でまとめて入力できます。

  各検査情報は照射録として出力可能です。 各テンプレートの登録ができるので様々な帳票に対応しています。 特長的なのは、集計機能で様々な月次報告書が作成でき、自分で範囲・内容を登録することで 様々な集計が実現できることです。


  健診業務に考慮した画面パターンがたくさんあります。 受診者ごとの一覧表示から総合受付、さらに患者を次の検査に誘導するエスコート機能や、 当日受診する検査マトリックス表示、患者ごとの一括受付など多彩な機能を実装しています。
  各検査室ではバーコードリーダーやタッチパネルなどの外部機器にも対応しています。 また、放射線科のモダリティ以外にも、臨床検査で使用される各種分析器、計測器との接続が可能で、 各機器に合せてのオーダー連携から実装データ取得まで行えます。


  出張バス健診によるRISシステムの構築が可能です。 まず、健診センターや病院内で作成された検査オーダーデータを、USBメモリや 外付けハードディスクなどの持ち運び可能なメディアに読み込みます。 次にバス内のMWM、またはPACSサーバとして稼働しているノート型PCにメディアを接続し、 オーダデータを車内に取り込みます。その後、モダリティでの検査が実施され、撮影された DICOM画像はノート型PCに納められます。全ての検査が終了後、センター内のPACSシステムへ データを移行して出張健診の完了となります。センターと同様の環境下でのRIS運用を出張先で再現します。

サイトマップ