HOME >お知らせ一覧 >2003 > 20031127

アストロステージからのお知らせ 2003

平成15年11月27日 有限会社アストロステージ

ネットロックテクノロジージャパンと代理店契約を結び、
netlockシリーズを12月より発売開始

医療ネットワークソリューションを手掛ける有限会社アストロステージは、 セキュリティシステム販売会社のネットロックテクノロジージャパン株式会社とネットワークセキュリティシステムの 「netlockシリーズ」(ネットロック)の代理店契約を締結し、医療機関向けのネットワークセキュリティシステムの販売を開始します。

netlockは、セキュリティ米国USAF(米国空軍)やNATO(北大西洋条約機構)でも採用されている エンドtoエンドのセキュリティシステムで、ルータなどのLAN間だけではなく、 端末間同士までデータを確実に保護するセキュリティシステムです。

主には暗号化、認証、アクセスコントロールの3機能を搭載し、より強固なセキュリティを確保します。 またハードベースのnetlock Guardian(ネットロックガーディアン)を使用すれば、 PCだけでなくあらゆるネットワークデバイスにも対応できます。

急速にシステム化および電子化が進行する医療機関において、セキュリティの強化は急務な課題となっており、 アストロステージではNetlockシリーズをスタートとして、各システムベンダーや医療機関に対して セキュリティ製品の販売を開始します。


【netlock(ネットロック)の主な機能】

  • IPSec準拠の暗号化
  • X.509証明書による認証機能
  • ポートフィルタリングとアクセスコントロール
  • End to Endセキュリティの実現
  • マルチプラットフォームの対応
  • 一元管理とユーザフレンドリーな設定


【製品仕様】
接続と認証:デジタル著名スタンダード(DSS)ベースとしたX.509v3対応の署名
認証局:X.509v3 CAを内蔵
セキュリティ準拠:IPSec、IKE、X.509v3、RSA、PKCS
データ暗号化:パケットレベルでの暗号化
暗号化アルゴリズム:3DES(168bit key)、DES(56bit key)、ARC4(128bit/40bit key)
データ整合性:MAC SHA-1、HMAC MD5、DES-MAC
セキュリティ標準:IPSec、IKE、X.509v3、RSA、PKCS
プロトコル:TCP/IP、IPSec、ESP/AH、IPComp



サイトマップ