HOME >お知らせ一覧 >2003 > 20030924

アストロステージからのお知らせ 2003

平成15年09月24日 有限会社アストロステージ

JPEG2000対応の高速画像処理開発ツール「ImagePulse V1.2」を発表

医療ネットワークソリューションを手掛ける有限会社アストロステージは、 2003年9月24日にJPEG2000対応の高速画像処理開発キット「ImagePulse V1.2(イメージパルス)」を発表しました。

ImagePulseは、C++クラスライブラリ構造の高速画像処理コンポーネントで、通常の画像処理機能のほか、 医療分野に特化した専用の処理機能も搭載しております。 アストロステージより発売しているASCOMMと合わせて使用する事により、 RIS/PACSなどの医療システムにおけるDICOM関連の一連の処理が実装可能となります。 今回発表したImagePulse V1.2はDICOM2003仕様にて定義されているJPEG2000圧縮に対応したバージョンです。

JPEG2000圧縮は、従来のJPEG圧縮に比べて、50〜100倍以上圧縮しても、 人間の目で容認できる画質を保つことができるという特徴があり、LossyとLosslessの両方に対応しています。 医用で主に使われる可逆圧縮においては、通常画像を劣化なしに平均的に1/4まで縮小でき、 現在主流の1/2〜1/3と言われるLossless JPEGと比べてより高い圧縮率を達成しております。 (※.圧縮率は画像によって大きく変わってきます。)

今回ImagePulseはJPEG2000の実装に伴い、16bitデータの符号を自動認識、チャネル情報のサポートやDICOM化に必須な コードストリームフォーマットまで実装している点も、単なるJPEG2000開発キットとの大きな違いです。 また、ImagePulseの特徴であります高速処理は生かしつつ、Planar RGBやExtended JPEGなどのDICOMファイルの対応や、 DICOMプリント等で使用するオーバーレイ機能である「OverlayMaker」の搭載など、 医療分野で必要とされる特殊な機能も随時拡張中です。

ImagePulseの製品形態はC++のクラスライブラリとなっており、「画像ファイルのロード/セーブ」、 「画像データの表示」、「画像データの編集」、「DICOM専用の画像処理」を4グループの各クラスでご提供しており、 ユーザはアプリケーションの用途に応じて、オブジェクト単位で必要な機能を使用することができます。 提供形態もWindows版とLinux版、2つのプラットフォームをそれぞれご用意しております。



【今回搭載された主な新機能】

  • JPEG2000 Lossy/Losslessのサポート
  • JPEG2000 Part1フォーマットの読み書き
  • JPEG2000コードストリームの実装
  • OverlayMaker(オーバーレイメーカー)機能の搭載
  • Planar RGB DICOM画像ファイルの対応
  • JPEG Extended DICOM画像ファイルの対応
  • ASCOMMとのインターフェイスの強化


【製品仕様】
ImagePulse Ver.1.2
  対応プラットフォーム:WindowsNT4.0/2000/XP
  標準開発環境:Microsoft Visual C++.NET
  Microsoft Visual C++ V6.0
ImagePulse for Linux Ver.1.2
  対応プラットフォーム:Linux Kernel 2.4/glibc2.1.3以降
  標準開発環境:gcc2.2.2以降

※組込みLinuxについては別途お問合せください。

【製品価格】
基本開発キット
ImagePulse Ver.1.2 :\200,000.-
ImagePulse for Linux Ver.1.2 :\300,000.-



サイトマップ