HOME >  製品情報 >  STELLAR−製品特長−

統合システム

  STELLARは既存システムの発想を超え、部門データを統合的に管理できる画期的なシステムです。 基本表示は時系列でリアルタイムに診療データや文章データ、放射線科から検査科のデータまで統合的に管理できます。

  STELLARで統合化する最大のメリットは、患者単位での診療情報が一画面上で参照可能な点です。 時間軸での全ての診療データを表示することにより、各部門検査の相対関係も把握でき、過去データも時系列で閲覧できるため ドクターによる指示やレポートの作成がスムーズに行えます。他部門の状況が一目で分かるので、院内全体の状況がリアルタイムに 判断できます。電子カルテでは実現できなかった、診療と健診の統合や他院のデータの参照まで、その拡張性は無限大です。

以下の項目では、ステラの基本画面である「時系列ビューア」を中心にステラの特長を説明していきます。

  STELLARは、上位システムである電子カルテシステム、医事会計システムが保持している 患者基本データ・病歴データ・処方データ・入外来データ・担当医データと、 部門システムの各検査データを取得し一覧表示が可能です。そのため、PACSシステムのみでは実現できなかった 処方データを見ながら、生理検査データを参照し薬の効果などを一画面で確認する事などが可能になりました。

  アストロステージのマルチレポートシステム『SOPHIA REPORT』を 併用する事により、放射線科レポートから検査科のレポートサマリー紹介状まで 医療の現場で必要となるあらゆるドキュメントの作成が可能となります。 作成したドキュメントの進捗や期限なども、時系列で管理できる設計になっています。
  また、紙ベースの紹介状などスキャナで取込んだ文章データ、 オペや救急時にデジタルカメラで撮影された画像データ、MPEGやAVIなどの 動画データもドラッグ&ドロップで自由に張付けが可能です。 その上、表示が難しいとされる心電図データも、他社製の電子心電図ビューアと 連携して時系列に表示します。

  DICOM画像はアストロステージ・オリジナルPACSシステム『NAZCA』に 格納し、患者ごとの時系列画面上に表示します。 放射線部門のCR、CT、MRなどの静止画DICOMデータとアンギオなどの動画DICOMデータから、 生理検査部門のエコー、内視鏡、眼底などのDICOM/JPEGデータを含む 全てのモダリティDICOM画像を、部門の隔てなく時系列上に表示可能にします。

  院内外のラボより集められた血液・尿などの 検体検査データ及び病理データは、 検査科システムより出力されるデータを自動で読み込み、STELLARの時系列画面上に表示します。同日にて同じ検査を 複数回実施した場合も表示が可能です。 また、時系列で表示された検査データは、リアルタイムにグラフ化が行え、 そのグラフ及び検査数値は、ドクターのチェアサイドでのプリントアウトにも対応します。


  前述の通りSTELLARは、従来部門ごとに管理していた各診療データを同一サーバ上で統合できる革新的なシステムです。 登録されたデータは検査をまたいで診療全体での検索、集計まで行え、従来にない病院系統まで発展できます。 以下では、多彩なSTELLARの表示方式を紹介します。


  STELLARでは、複数の病院で異なるIDを連携できます。各施設の患者IDはそのままに、システム上では患者ID同士をリンクし 統合化します。サーバは同一でも複数の施設データとして保存が行えることにより、地域連携や関連病院間においても患者IDの連携が 行えます。

サイトマップ