HOME >お知らせ一覧 >2018 > 20181011

アストロステージからのお知らせ 2018

平成30年10月11日 株式会社アストロステージ

「第38回医療情報学連合大会」出展のご案内

私たちアストロステージは、2018年11月23日(金)〜25日(日)に 福岡県で開催される「第38回医療情報学連合大会」に出展いたします。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

概要

大会名 第38回医療情報学連合大会
公式:第38回医療情報学連合大会
開催時期 2018年11月23日(金)~ 2018年11月25日(日)
会場 福岡国際会議場・福岡サンパレス
〒812-0032 福岡県福岡市博多区石城町2−1
福岡国際会議場・福岡サンパレス
ブース 福岡国際会議場2階・多目的ホール(201~204)、5階・ホワイエ

主な展示製品

  ◆ 統合システム
診療情報統合システム
—STELLAR(ステラ)—

    院内の各部門のデータを一元的に管理できる診療情報統合システムです。 各部門の特殊性を保ちつつ、同一の操作性で診療データを統合できます。

  ◆ 地域連携システム
地域連携システム
—STELLAR NET(ステラネット)—

    「地域連携パスの連携」や外部からの「検査・診療の予約・受付」を併せて行える、 地域医療連携に必要な機能をトータル的にもつシステムです。

  ◆ 放射線部門システム
PACSシステム
—Nazca(ナスカ)—

    全てのDICOMデータに対応し、 循環器、生理、消化器など他部門システムとしても使用可能な高性能画像システムです。

RISシステム
—Nazca RIS(ナスカリス)—

    機能ごとに画面レイアウトを持つ、様々な検査室の状況把握が可能な 放射線科情報管理システムです。

循環器ネットワークシステム
—Cardio Pictor(カーディオピクター)—

    院内全ての端末で動画表示、台帳入力、統合参照まで実現する 次世代の循環器ネットワークシステムです。

  ◆ 部門システム
生理検査システム
—Sirius(シリウス)—

    各検査室の受付から検査機器の進捗情報をリアルタイムに表示し、 患者の検査室への割り振りから誘導まで幅広くサポートします。


内視鏡検査システム
—Aquila(アクイラ)—

    内視鏡の検査予約管理から当日の受付、実施管理までを一元管理し、 統計システム、検査時使用スコープの洗浄管理機能、内視鏡専用のレポート機能を内包したシステムです。

眼科向け自科検査用電子カルテシステム
— Lynx(リンクス)—

    自科検査用の電子カルテシステムです。 検査の予約管理から、当日の受付業務、検査結果の取込みまでを自動化できます。

耳鼻科向け自科検査用電子カルテシステム
—Silenus(シレノス)—

    耳鼻科に特化した電子カルテシステムです。 耳鼻科専用のレポートフォームを備え、聴力検査に必要なグラフも各種取り揃えています。


サイトマップ