HOME >お知らせ一覧 >2003 > 20030411

アストロステージからのお知らせ 2003

平成15年04月11日 有限会社アストロステージ

医用専用DICOMアーカイブサーバ「DBOXシリーズ」を発表

医療ネットワークソリューションを手がける有限会社アストロステージは、 医用画像を保存するための仕様である DICOMに準拠したマイクロボックス型DICOM通信サーバDBOX(ディーボックス)シリーズを発表しました。

DBOXは、医療機器の接続規格であるDICOMという仕様に準拠したDICOMアーカイブサーバで、 医療機器からの診察画像を受けてNASなどのストレージ機器に保存する機能を提供します。 従来のDICOMサーバは、大型でしかもオールインワンPCタイプのシステムがほとんどのため 拡張性に乏しく、またシステム障害が起こると全ての機能がダウンするなど運用上の不安が拭えない部分が問題となっておりました。

DBOXはこれらの問題を解決すべく、システムの効率性・耐久性・安定度を最大限に考慮した 「機能分離型サーバ」として製品化されております。 今回リソースワンが発表したDBOXは、シリーズ製品の第一弾として画像の保存(Storage)と検索 (Query/Retrieve)機能を装備した「DBOX Standard V1.0」で、5月14日より発売を開始いたします。

DBOX Standardの特徴は、それぞれ機能単位にサービスを提供することにより 信頼性を向上させたばかりか、サーバを連動させることにより大規模なPACSシステムの構築が実現可能です。 また、保存装置のストレージとしてNASドライブを使用するために、 ユーザはコストバランスを考えてストレージを選択することができます。 導入設定もWeb上で簡単に行えるために専任管理者など必要なく、本格的なDICOMサーバがすぐに稼動します。 今回発表したDBOXは、シリーズの第一弾として基本セットが100万円以下と、 従来の数千万円ものサーバシステムと比べ圧倒的なコストパフォーマンスを実現させた点も注目すべき点の1つです。
この製品の主な特徴は以下の通りです。



【DBOX Standardの主な機能】

  • ディスクレスによる信頼性の高いサーバシステム
  • Web上での簡単な設定だけで、すぐに本格的なDICOMサーバが稼動
  • Verification SCP/SCU機能
  • Storage SCP/SCU機能
  • Query/Retrieve SCP機能、Move SCP機能
  • 新技術による高速画像受信機能(Storage)
  • 独自ファイルシステム構造による高速検索機能(Q/R)
  • Webクライアント操作/データメンテナンス機能
  • データ保存先として市販のNASとのシームレスな統合
  • 圧倒的なコストパフォーマンス


【製品仕様】
OSカーネル:Linux 2.4.10
CPU:IBM PowerPC 405GP 200MHz
SDRAM:64MB, Flash ROM:8MB
コンパクトフラッシュメモリ:64MB
LAN:10/100Base-TX×2ポート
シリアル:RS-232C×1ポート(RJ45コネクタ)
電源:5V, 最大電流:2.5A(起動時)
基本接続仕様:外部ストレージとしてはNASを1台までサポート


【製品価格】
DBOX Standard V1.0  \980,000.-

リソースワンではDBOXの代理店となります有限会社アストロステージ経由での販売、 およびOEMでの提供を予定しており、1年間で約1億円の売上を見込んでいます。

有限会社リソースワン社について
リソースワンは、2001年8月に設立し、医療系のシステム開発を中心に事業を展開してきましたシステム開発会社です。 今後はDBOXシリーズなど自社ブランド製品を随時提供していく予定です。
(http://www.rs1.jp)


有限会社アストロステージ社について
アストロステージは、2002年5月に設立し、2003年1月より営業を開始したシステムソフトウェア開発販売会社です。
自社製品としてDICOM通信ライブラリ「ASCOMM」などを販売しております。



サイトマップ